まだロリィタが個性的だと思ってた時のことを、

個性、を、量産、することについて考えてみたいと思います。

 

原宿駅の周りを見ていると、十数人単位のロリィタファッションに身を包んだ女の子を見かけることがあります。あか、ぴんく、あお、くろ、フリルレース編み上げリボンリボンリボン。可愛らしいですね。でも全く見分けがつきません。目指すは青木美沙子か、深澤翠か、最近のモデルさんはわかりませんがそのあたり。「お人形さんになりたいの♡」をスローガンに、つけまつげ、ウィッグ、ヘーゼルカラーのカラコン、お、そこのゴスロリのあなたは緑のカラコンですか〜黒猫ちゃんみたいですね。

 

世間ではロリィタファッションを始めとする原宿ファッションは「個性派」の象徴とされてきました。ちょっと変わった人たち、というかオブラートに包まずいうなら頭のおかしい人たちが着ている異端のファッションで、没個性的な私には関係ないのよん、とほとんどの人が思っているはずです。

 

婦人服市場4億円の中、ロリィタファッションの市場規模はたった200万円。わかりますか、この小ささ。そりゃあ着てる人、少ないですよね。見かけたら「うわあ!ゴスロリだ!」って思いますよね。だって街中にあんまりいませんもん、ゴスロリロリィタ。第一なんなんでしょうね、あの変な頭の飾り。膨らんだスカート。妙に底の厚い靴。持ちにくそうな鞄。頭おかしいなって思いますよね。ええ、そうです。おっしゃる通り私は筋金入りのゴスロリガールちゃんでした。もっともハードルが高いと言われる頭飾りの"ボンネット"をつけて原宿を闊歩し、外国人観光客に写真を撮られまくってるゴスロリちゃんでした。

 

ロリィタを着ている人たちの中では、「ロリータ」と表記するとキレるひとがいます。ゴスロリのことを「ゴシックロリータ」というと、「ゴシック・アンド・ロリータだから!」と鼻息荒く訂正してくる人がいます。ロリータという言葉がろりこんを連想させるから嫌だとか、ゴスロリがゴキブリっぽい語感だから嫌だとか諸説ありますが、まあ要するにみんな自分の個性を守ろうと必死なんです。何年か前の私のことです。

 

さらにロリィタたちの中でも格付けがあります。老舗ブランドを着ているか。ちゃんとパニエを仕込んでいるか。新作か、そうじゃないか。ロリィタを着る物として風格を保っているか(例えば足組まないとか、ホームでしゃがまないとか、汚い言葉を吐かないとか)。V系バンドが好きなのか澁澤龍彦が好きなのか、はたまたジャニーズが好きなのか。「ロリィタとして」生きているか。コスプレとみなしていないか。はあーー馬鹿らしいですね。ロリィタの世界は規則だらけです。制服みたいなものです。風紀を乱すと風紀委員に怒られます。もっとわかりやすくいうなら、写真撮られて2chにさらされます。こわいね。

 

なぜゴスロリを着始めたか、と考えて見たらよくわかりませんが、多分それが自分の個性にあっていると思ったんだと思います。私はゴスロリを哲学だと本気で信じて自分の人生観をそこに反映させようとしていました。自分の世界観に即した服装であると、簡単に言えば自分にふさわしいと思ったんですよね。でもそのうすっぺらな世界観にどっぷりつかった時、あたりを見渡したら気がつきました、あ、区別ついてない。私と他人の区別がついてない。

 

人と違いたくてたどり着いたロリィタファッションとやら、身を包めばみーんなひとくくりの「頭おかしい人」です。没個性ですね! 

 

たかがファッション程度で個性を出して行くなんてまあまず無理なんですよね。量産型女子の区別、つかないし、まあこの場合量産型女子っていうのは括りが違う「没個性」ですけど、「個性派」を選んでやってるはずのゴスロリもハデコもヴィヴィ子ももうなんか、同じところに100人集めたら似過ぎで笑えてくるはずですよね。

 

私は人と違いたかった。まったく違う世界観を持っていたかったし、人と同じは恥ずかしいことだと思っていた。そして、自分が選んだ世界は高尚で選ばれた人間だけのものだと思っていたし、そうじゃないと気づいた後も自分がロリィタを着て狂ったように着飾っていた時のことは結晶化して宝石みたいに心の中に残っている、

 

でも個性的ではなかった。

 

個性的ではなかったことをまだ受け入れられていない、私は自分が個性的であることを選ぶことによって、他人からの「変わってるね」という評価を飲み込んできた。個性だって量産すれば没個性だ、虫の個体の区別がつく人なんてその虫にめっちゃ詳しい人かその虫本人かしかありえない、人間からしたらバッタ見て「あ!昨日道端にいたバッタだ〜〜隣にいるのは初めまして〜〜」とはならない。

 

ああなんかもう支離滅裂だあ。

 

どうやったら自分になれるんだよお。